実際にはagaにはどれくらいの費用が必要か

最近髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が増えてきたと悩んでいる成人男性の多くは、男性型脱毛症のagaであるといわれています。日本でも3人に1人の男性がagaであるといわれているほど、他人事ではない悩みの種ともいえるでしょう。遺伝やストレス、男性ホルモンによる影響など様々な要因によって、髪の毛を育てるための毛根サイクルが乱れてしまうことが原因であるとも考えられています。agaの可能性がある人にとって、気になるのはやはりどこで治療ができるのか、また治療方法とその費用でしょう。治療方法にもいくつかの選択肢がありますが、どの方法を選ぶかという点はとても重要です。もちろん値段のみで決めることはおすすめではありませんが、基本的にagaの治療には健康保険が適用されません。そのこともふまえて慎重に選ぶことが大切です。

aga治療における病院選びと費用の関係性

agaの治療を行う選択肢としては、agaを専門としている専門病院かagaの治療も含まれている一般の病院があります。治療方法による違いや各病院によって相場の価格変動などはありますが、どちらの場合も1カ月にかかる費用としては1万円以上と考えておいたほうが良いでしょう。また、基本的には専門病院での治療費用の方が高いケースがほとんどです。毛髪の増量を目的としている専門病院に対して、一般の病院の治療はagaの進行を遅らせることを目的としているため、治療の方法や通院に通う頻度などに違いがあることも理由として挙げられるでしょう。しかし費用が割高となっていることもあり、専門病院では治療方法における選択肢が豊富である点やカウンセリングなど精神的なサポートも充実していることが多い点などのメリットも挙げられます。

aga治療の方法とそれぞれにかかる費用について

aga治療は、大きく分けると飲み薬、塗り薬、自毛植毛、発毛治療が挙げられます。一般的な治療法としては飲み薬がよく使用されていますが、1カ月の費用としては1万円ほどと考えておくと良いでしょう。ジェネリック医薬品であればさらに格安で購入することも可能となります。費用としては高額になりますが、発毛に有効であると考えられている成分を頭皮に直接注入する発毛注射であれば、より発毛の可能性が高くなります。しかし病院によって値段の差が大きいこともあるため、希望するのであれば事前に費用の相談をすることも大切です。植毛という選択肢の場合は1本あたりにかかる費用は300円から1000円ほどといわれています。植毛をする範囲が広ければ広いほど高額となるため負担の差が激しいともいえるでしょう。決して安いとはいえないうえ多様化しているaga治療だからこそ、まずは信頼できる病院で相談してみることがおすすめです。