知っておきたいagaの費用の内訳

男性型脱毛症、いわゆるagaは、徐々に症状が進行することで知られています。agaの原因は遺伝やホルモンバランスなどさまざまですが、早めに治療を始めることで、その効果を期待することができます。気軽に始められるケアとしては、薬局で手に入る育毛剤や育毛シャンプーを使う方法があります。費用も安く抑えられ、発毛や育毛に対する意識を高く持つことには意味があるかもしれませんが、aga治療と言えるほどの高い効果を得られるものはほとんどありません。育毛サロンに通うという方法もありますが、医療機関とは異なるため有効な治療薬の使用が制限されており、思うような効果が出ないばかりか費用も高額になる可能性もあります。この他、投薬治療以外の方法として植毛やかつらを使用する方法もあります。

一体どれくらいかかるのか知りたいaga治療の費用

aga治療を受ける前に知っておいた方が良いのはその費用に関することです。aga治療は基本的に保険診療適用外となるため、たとえ同じ治療薬を使用しても病院によって費用が異なります。病院でaga治療を受けるには、aga治療の専門病院に行く方法と、一般病院の診療科を受診する方法があります。初期費用だけで考えた場合、専門病院では3~4万円かかることが多いのですが、一般病院ならその約半額程度に抑えることができます。同様に投薬治療の場合の1ヶ月の費用を比較しても、一般病院は、おおむね2~4万円程度かかる専門病院の半額程度となっています。治療薬の費用が極端に安い専門病院などもありますが、それは後発医薬品を使用している場合がほとんどです。投薬治療以外の治療もありますが、高額になるものが多く、例えば発毛注射の治療では、1回数万円、植毛だと数十万円かかると思った方がよいでしょう。

それぞれの治療方法のメリットとデメリット

これまで見てきたようにaga治療はその方法によって費用が異なってきますが、この差は何かを知っておく必要があります。一般病院は専門病院よりも費用が安価になる傾向がありますが、それは使用する薬剤や治療方法の種類が少ないことが考えられます。一般病院ではagaの進行を遅くするという観点で治療を進めることが多いため、期待するほどの発毛効果が望めないこともあります。その点、高額にはなりますが専門病院の方が多くの症例を扱っており、使用薬剤や治療方法も豊富なことが多く、それなりの効果も期待できるのです。費用を安価に抑えるだけなら、治療薬を個人で輸入することもできます。しかし、購入から服用まですべて自己責任となる上、リスクが大きく、正直おすすめできる方法とは言えません。メリット、デメリットを考えて、じっくり治療方法を決めることをおすすめします。